SEVENTH HEAVEN/インド ポアブス農園 セブンスヘヴン ナチュラルオン 200g
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/3

SEVENTH HEAVEN/インド ポアブス農園 セブンスヘヴン ナチュラルオン 200g

¥1,280 税込

送料についてはこちら

「INDIA POABS SEVENTH HEAVEN NATURAL」 7粒から始まった、天体の動きを見ながら作る。毎年、味が変わる珈琲。 SEVENTH HEAVEN。 「ビオダイナミック農法」というバルカン半島で生まれ、ドイツを中心に活動した思想家、ルドルフ・シュタイナーが提唱した、ビオワインの栽培に今でもよく使われる、循環型の有機農法。コーヒーでとりいれているのはここポアブス農園だけのようだ。 基本は外部から肥料を持ち込むのをよしとせず、農場の中の生態系で有機肥料とする。 そのうえで特に特徴的なのは、太陰暦や占星術に基づき、天体、月の満ち欠けの周期にあわせた「農業暦」で、栽培をする。 [農園名] ポアブス・エステート(POABS)社、      セータルグンディ(Seethargundy)農園 [所在地] インド南西部、ケララ州北部、ネリヤンパティ丘陵 [標高] 900~1250m [精製方法] ナチュラル [品種] S9 [認証] JAS認証、Demeter認証 (=バイオダイナミック農法) [収穫期] 11月初旬から1月末 [収穫方法] 赤実を4回に分けて手摘み