市野ちさと 釉彩湯呑 角底(汲み出し)
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/5

市野ちさと 釉彩湯呑 角底(汲み出し)

¥1,980 税込

送料についてはこちら

  • ピンク

    残り3点

  • スカイブルー

    残り3点

  • ミントグリーン

    残り3点

丹波立杭では数少ない女性作家。 土や釉薬の種類、焼き方などで様々に変化する「陶芸の可能性」に魅せられ、日々新しい作陶に励まれています。 釉薬の表情が見せる優しくて柔らかなフォルムが魅力的です。 また、ハンドメイドのため1点ずつ表情が異なります。 同じ商品においてもカラーやデザイン、サイズなども多少違いがございます。 繊細な色味のためパソコンモニターによって実際の商品のカラーとの差が生じる場合がございます。 ご理解のほど、宜しくお願いいたします。 サイズ:約直径6.5cm 高さ8.5cm 丹波焼:丹波焼は、瀬戸、常滑(とこなめ)、信楽(しがらき)、備前、越前とともに日本六古窯の一つに数えられ、その発祥は平安時代末期から鎌倉時代のはじめといわれています。 登り窯で焼成される焼締めは丹波焼の真骨頂で人工的な釉薬(ゆうやく)は使われていません。窯の中で長時間焼かれることにより、燃えた薪の灰が焼成中に器に降りかかって、原土の中に含まれた鉄分と融け合い、緑色や鳶(とび)色を自然発色。これが自然釉(ビードロ釉)といわれるもので、穴窯時代丹波焼の特徴となっています。