ヘレンド(HEREND)ウィーンのバラ コーヒー・紅茶兼用カップ&ソーサー 730
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/10

ヘレンド(HEREND)ウィーンのバラ コーヒー・紅茶兼用カップ&ソーサー 730

残り1点

¥22,000

¥15,400 税込

30%OFF

送料についてはこちら

華麗な花とオリエンタリズムが競演するヘレンド。 ハンガリーの首都、ブタペストから西方へ120㎞、美しいバラトン湖の近くにあるヘレンド村。 ヘレンドが生まれたのは、ナポレオン戦争が終わって、ヨーロッパに平和が戻ってきた1826年。 手書きならではの繊細な美しさは、各国の王侯貴族を魅了しました。 ヴィクトリア女王は1851年のロンドンで開催された万国博覧会でヘレンドのディナーセットにすっかり目を奪われ、ウィンザー城に持ち込み、愛用したと言われています。 ヘレンドといえば、華麗な花のモチーフととともに独創的なシノワズリ(中国趣味)。貴族たちは器を通じて東洋の神秘を感じていました。 高度で繊細な手描きの技術を守るため、今でもヘレンド付属のペインター養成学校で、未来の職人たちの厳しい修業が続いています。 数々の花の中からたおやかな一輪の薔薇を描いたウィーンのバラシリーズ。白磁に映える優雅なこのパターンは、もとはハプスブルク家の内遣い用の絵柄で、ハプスブルク帝国が終わる1918年までハプスブルク家の門を出ることのない高貴なものでした。 優しい一輪のバラは愛のシンボルとして幅広く親しまれています。 珈琲も紅茶も両方好きの方にはこの形がぴったり。 来客用としても、コーヒー、ティーどちらも対応できるので、重宝します。 サイズ: カップ 約  口径9cm  取っ手込み11cm  高さ6cm ソーサー 約  直径14.5cm   高さ2.5cm ※ヘレンドの商品は一つ一つ一流のペインターの手描きによって描かれています。 その為一点一点の絵の位置や色彩、形、大きさや花の位置等々が異なります。